歯に痛みやしみる症状が出る「虫歯」について

歯に痛みやしみる症状が出る「虫歯」について

歯のトラブルの代表格「虫歯」は、ごく初期のもの以外は、放っておいて治る病気ではありません。進行して激しい痛みが出るようになる前に、適切な処置が必要なのです。歯やお口に何か異常を感じたら、お早めにご相談ください。

虫歯は一度かかると、再発しやすいお口の病気です。横浜市港南区上永谷の歯医者「秀島歯科医院」では、きちんと虫歯を治療することはもちろん、その後も快適に歯を使い続けるための予防にも力を入れています。今は悪いところがないという方も、お気軽に当院をご利用ください。

虫歯の原因と仕組み、知っていましたか?

虫歯治療を受けたり、予防をがんばったりしている方は多いのですが、そもそもの原因や進行する仕組みについて正しく理解されている方は少ないと感じています。あなたは、どれくらい虫歯のことをご存知ですか?

虫歯の4つの要素

虫歯を発症するには、次の4つの要素がそれぞれ複雑に関係しています。

虫歯菌の存在   お口に残る糖分
お口の中に虫歯菌が存在することが、虫歯の大きな原因です。虫歯菌は歯に付着するプラーク(歯垢)の中に潜んでいます。多くの人が幼少期に家庭内で虫歯菌に感染してしまいます。 食後は糖分がお口に残ります。この糖分を栄養源に虫歯菌が「酸」を生成し、この「酸」によって歯質が溶かされていくのが「虫歯」です。

歯質   ブラッシング
歯質が弱いと、虫歯菌の出す「酸」に溶かされやすくなります。乳歯も永久歯も生えたての歯は、歯質が薄く、溶かされやすいため注意が必要です。フッ素やキシリトールなどを使って、積極的に歯質の強化に努めましょう。 お口の中で虫歯菌と糖分が出会わなければ「酸」は生み出されません。食後30分くらいすると虫歯菌が活発化してきますので、それまでにブラッシングをするのがおすすめ。就寝中に増殖しやすい虫歯菌を防ぐためにも、寝る前にもしっかりブラッシングを。

虫歯の進行と治療法

C0 ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯 歯の状態 自覚症状 治療法
歯の表面にあるエナメル質が、わずかに溶かされています。表面に白濁が見られます。 この段階では、痛みやしみるといった自覚症状はありません。 丁寧なブラッシングやフッ素塗布などで再石灰化を促すことができれば、削る治療なしに治癒することがあります。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 歯の状態 自覚症状 治療法
エナメル質が溶かされてしまっています。表面が黒や茶色に見えたり、穴が開いていたりします。 痛みはほとんどありませんが、冷たいものを口にしたときにしみることがあります。 虫歯で溶かされた歯質を削る治療を行います。削った部分には、歯科用プラスチック(レジン)を埋めます。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯 歯の状態 自覚症状 治療法
エナメル質の下の層である象牙質まで虫歯で溶かされています。穴が開いて見えます。 冷たいものばかりか、甘いものを口にしてもしみるようになります。さらに何もしていないのに、痛みが出てきます。 C1と同様に、虫歯に冒された歯質を削り取ります。削る部分が大きくなるので、型取りして作った詰め物(インレー)を装着します。
C3 神経まで達した虫歯
C3 神経まで達した虫歯 歯の状態 自覚症状 治療法
歯に大きな穴が開いており、歯の内部を通る歯髄(血管や神経の束)まで虫歯に汚染されています。 冷たいもの・甘いものだけでなく、温かいものを口にしてもしみ始めます。ズキズキとした激しい痛みが出ます。 虫歯に汚染された歯質と歯髄を取り除く根管治療が必要です。歯の内部を洗浄したのち薬剤を詰めて、被せ物(クラウン)を装着します。
C4 歯の根の虫歯
C4 歯の根の虫歯 歯の状態 自覚症状 治療法
歯ぐきから上に見える歯冠部分がほとんど溶かされており、歯の根っこまで虫歯に冒されています。 神経が死んでいるため痛みは感じなくなりますが、歯の根の内部で膿が溜まり始めると、再び激しい痛みに襲われます。 可能なかぎり、歯の保存ができるような処置を選択しますが、どうしようもない場合は、抜歯となります。抜歯後は、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどで歯の機能を回復させます。

重度の虫歯には根管治療を行います

神経まで達したC3の虫歯には、歯の内部から歯質や歯髄を取り除く根管治療を行います。汚染物質を取りこぼしなく除去し、内部を洗浄・消毒したのち、薬剤を隙間なく詰めて被せ物を装着する治療法です。

STEP1.汚染部の除去 STEP2.洗浄・消毒 STEP3.薬剤充填 STEP4.被せ物装着
STEP1.汚染部の除去 STEP2.洗浄・消毒 STEP3.薬剤充填 STEP4.被せ物装着

根管治療によって、歯の根っこだけでも天然歯の状態で残すことで、歯列の乱れなど、お口のバランス崩壊につながりかねない抜歯リスクを回避します。非常に細かく入り組んだ歯の内部の治療ですので、丁寧で確実な技術力が求められ、治療が長引くことが多くなります。天然の歯質を大きく失うことになりますので、根管治療が必要になるほど虫歯は放置せず、お早めに当院へご相談ください。

虫歯ではないといわれたのにしみる……、知覚過敏かもしれません

【虫歯ではないといわれたのにしみる……、知覚過敏かもしれません】

診断で虫歯が見つからないのに、歯にしみる症状があるなら、知覚過敏の疑いがあります。知覚過敏とは、象牙質にある神経とつながった象牙細管が露出し、刺激が伝わりやすくなっている状態です。エナメル質が薄くなったり、欠けたり、歯周病などで歯ぐきが下がったときに象牙質が露出します。これを放置すると虫歯になる可能性もありますので、症状をガマンすることなく、お早めに当院へご相談ください。

虫歯に効果的な予防処置に対応しています予防歯科

page top