歯並びを治して自然な笑顔を手に入れましょう

歯並びを治して自然な笑顔を手に入れましょう

歯並び咬み合わせの悪さからくるさまざまな問題は、矯正治療で整えることで解決することがあります。矯正治療というと、子どもがするものといったイメージが強いかもしれませんが、決してそんなことはありません。大人の矯正治療にも、十分な治療効果が見込めます。また、最近は目立たない矯正装置も多数登場しており、装置の見た目が気になる方にも安心して治療に臨んでいただけます。

横浜市港南区上永谷の歯医者「秀島歯科医院」では、子どもの矯正、大人の矯正、いずれにも対応しております。月に2~3回、矯正専門医による診療(午後のみ)を行っていますので、お子さまやご自身の歯並びで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

お子さまの矯正について

お子さまの矯正について

矯正治療によって、歯並びや咬み合わせが整えられると、さまざまな問題がよい方向へ向かいます。ブラッシングしやすい歯並びだと、虫歯歯周病になりにくいお口になります。また、しっかり歯で咬む食事ができるようになれば、消化や栄養吸収もよくなるでしょう。

発音・発生にトラブルを抱えていた子は、それらを解消することでコミュニケーションの問題が改善されることも。見た目のコンプレックス解消は子どもの自信にもつながります。早期の歯並び改善は、お子さまの心身の成長を健やかに促し、さまざまな負担軽減につながるのです。

咬合誘導とは

子どもの歯並びの乱れの多くは、歯の大きさや数と、顎の広さのバランスがうまく合致していないことで起こります。咬合誘導とは、成長期、特に乳歯列期から混合歯列期(永久歯への生え変わり時期)に、体が成長する力を借りて顎を広げ、歯がきちんと並ぶスペースを確保する治療法です。骨格が成長しきった大人の矯正治療よりも、比較的楽に誘導することができ、将来、本格的な矯正治療を行う際に、抜歯を避けられることもあります。

当院では、治療に最適な時期を見計らって咬合誘導を開始し、お子さまの負担をできるだけ抑えた矯正をご提案します。ですから、お子さまの歯並びに気になることがありましたら、お早めにご相談ください。

当院の子どもの矯正治療方法

ムーシールド

ムーシールド

乳児期の歯並び改善では、マウスピース型の矯正装置「ムーシールド」を採用しています。ムーシールドは、眠っている間に装着する、取り外し可能なマウスピース。上顎の成長を促し、下顎の成長を抑制します。このことで、反対咬合(受け口)を早い時期に改善できます。対象年齢は3~6歳と、早い時期から取り組め、1年以内に約9割の子どもに改善が見られています。早ければ1~6ヶ月くらいで効果が確認できる子もいます。

ムーシールド 50,000円

※税抜価格

マルチファミリー

マルチファミリー

マルチファミリーは、ムーシールドと同じく、取り外し可能なマウスピースを使った矯正方法です。ムーシールドが顎の成長をコントロールするのに対し、マルチファミリーは、口腔内の筋肉の緊張を緩和することを目的としています。「筋機能矯正装置」とも呼ばれ、5歳以上の子どもに適用できます。

マルチファミリー 50,000円

※税抜価格

大人の矯正治療

大人の矯正治療

顎の発達も完了し永久歯が生えそろった後に行う矯正治療は、「本格治療」や「第二期治療」とも呼ばれ、年齢に関係なく始められます。骨格の成長が終わっているため、歯を移動させるときの予測が立てやすいのがメリットです。また、本人の積極性や強い意志があれば、矯正装置を取り付けていても、しっかりと口腔衛生管理に取り組め、よりよい治療効果が見込めます。

秀島歯科医院の取り扱い矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット

歯の表面にブラケットと呼ばれる金属の部品を装着し、ワイヤーを通して歯を移動させていきます。あらゆる症例に対応でき、セラミックブラケットよりも治療費を抑えられます。デメリットとしては、目立ちやすいこと、金属アレルギーのリスクがあることがあげられます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットと同様の方式で歯を移動させる装置です。違いは、歯の表面に取り付けるブラケットが、天然歯の色に近い白いセラミック(陶材)であること。装置が目立ちにくいというメリットを持ちながら、メタルブラケットと同様の治療効果が見込めます。金属を使用しないので、金属アレルギーリスクもありません。強いていえば、費用がやや高めになることがデメリットです。

医院の所在地や連絡先をご案内しています秀島歯科医院へのアクセスはこちら

page top